スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代美術展

昨日、花見に行こうと思っていましたが、少し寒かったので美術館へ行ってきました。
ちょうど、現代アート展が開かれていました。現代アートは発想力が豊かで自由で自己主張が強くて、とっても面白い
いきなり、浅田政志さんの写真「浅田家」にウケた家族共同作品でいろいろなコスプレ写真を撮っているんだけど、このシュールさがたまりません。
浅田政志
実は私もずいぶん昔、家族を黒人に変身させて面白写真を撮ったことがある。兄と冗談で、「祖父の顔を黒くしてギターを持たせたら渋いブルースマンにならないだろうか?」と話したのがきっかけ。お正月に、祖父の顔を黒く塗って帽子とギターをかぶせたらとってもかっこいい出来栄えとなった。祖父も満足げ。それを見てる他の家族が調子にのってきて、「父さんもしてみてくれんか?」と父からはじまり、「私もしてみようか?」と母、その上最初は怪訝そうにしていた祖母も「ばあちゃんもどうかいな?」となり…(なんちゅう家族だ)で、結局兄も私も含めて全員黒人に変してターバンを巻いたりサングラスをかけたりと盛り上がった経験がある。それだけに、浅田家の人たちの感覚がとてもよくわかる。

写真アートでは、糸崎公朗さんの作品も楽しかったな。糸崎公朗

bijyutu3.jpg
これは、写真を切って立体に組み立てている
娘が、作品の中の路上に立つ年寄りの男性写真を指差し、大きな声で「じいちゃ~ん」と叫んで爆笑された

これは、昆虫をデザインに生かした遊具。子供たちも興味深々
bijyutu.jpg bijyutu2.jpg
大島よしふみ
人間の発想ってほんと面白い!
bijyutu4.jpg
スポンサーサイト

赤い器

IMG_0356.jpg

先日、キッチンの整理をしました。
赤い漆器を集めたらこんなにありました。
今の時代、御櫃なんて使わないのにな…
だけど使いたい願望はまだまだ残っているから手放せない。

赤い漆で塗られた器、とても華やかで品があるので好きです。

ミニヨーロッパ

残り少ない育児休暇。
色々な所へ遊びに行っています。
もちろん育児だけに子供の喜ぶ場所へ… 


ie.jpg    mado2.jpg   mamagoto3.jpg

ミニハウスでおままごと。親も萌える場所なのでした

生命のメッセージ展

全国各地を回って、「生命のメッセージ展」が開かれています。先日、近隣の県で開かれていたので、訪れてみました。


五年前に交通事故で亡くなった従兄弟(エイイチ)も、この展示会に参加しています。この世では生きられなくなったけれど、ここには魂があって大切な事を伝えたいんだ!と訴えているかのように、等身大パネルと靴が置かれていました。

IMG_0513.jpg IMG_0516.jpg

ここには、交通事故や殺人、いじめなど、不条理な理由で命を奪われた人たちの家族が、被害者本人の気持ちを代弁するかのように、命の重みについて切実なメッセージを送っています。
当時、19歳だったエイイチは、信号無視の車にはねられて命を失いました。加害者の男性は、以前から何度も違反を繰り返してもなお自覚のない運転を続け、ついに死亡事故を起こしてしまったのです。さらに違反を隠蔽するために、嘘の証言を繰り返し主張…。まさにエイイチは「死人にくちなし」の状態でした。幸い、目撃者の証言により加害者男性は逮捕され、エイイチの無念は少しばかり晴らされましたが、生き返ってこられないという辛い現実はやはりどうしようもなく遣りきれません。
沢山の夢を抱いていたエイイチの人生は、突如として終止符が打たれ、残された家族の心には一生癒えない深い傷を残しました。

家族が、この「命のメッセージ展」への参加を決断するまでには、きっと強い葛藤があったと思います。だけど、エイイチの死を無駄にしたくないという思いと、世の中の人たちが「死」に直面する際、犯罪的な被害者及び加害者のどちらにもならないで欲しいという強い願いが込められているように感じます。

この展示会では、人は当たり前のように生きているけれど、命があるということはとても価値のあるものであり、周りにある沢山の命もまた尊いものであるというメッセージがひしひしと伝わってきます。

罪のない人を死に追いやる場合(犯罪的な場合)、加害者のほとんどは罪の意識が薄い。「悪いことだ」と漠然とは判断できても、犯行時は理性を失い、被害者やその周りの人の気持ちがわからなくなる。自分の怒りや妬みを発散するために、人を傷つける。にもかかわらず、罰を恐れて逃亡、否認、黙秘などと卑怯な手段で、自分を守る。とても勝手で軽率な行為ですよね。人を思いやること、自分を戒めることを学ばない人たちの愚かな犯行…。最近では特に残酷な犯罪が多い。善悪の判断、抑制のできない人格が出来てしまうとなかなか修正が難しい…
エイイチの事故でも、相手の男性は卑怯だった。事実を認め、懸命にエイイチの回復を祈ってくれる姿勢があれば、家族の気持ちもここまで複雑にはならなかったのでは…と感じます。

世の中の歪んだモラルに訴えるように並んだパネルの顔は皆優しかったけれど、それだけに強い悲しみと悔しさが滲んでいました。

IMG_0518.jpg

会場では、赤い糸が配られ、今まで結ばれてきた糸に繋げてゆくのですが、その糸はもうとても大きな糸巻きの球体となっていました。沢山の人が訪れ、亡くなった方たちの意志を少しでも胸に残してくれた証だと思います。

自分も含め、世の中の人が生きる意味を感じ、人を思いやれる人であってほしいと強く思います。
今の私には、未来の社会のためにも子育てが大切な課題です。「育児は育自」、まだまだ未熟な自分ですが、子供たちと一緒に人間らしく優しい人に成長していかなくてはと思いました。

手紙

以前から何度かメモしたことがあったかも知れませんが、私は手紙が好きで、1年に数回書きます。本当はもう少し書きたいくらいなのですが、残念ながらそんなに機会はありません。

ですが、今回焼き増しした写真を送るついでに、五通もの手紙を書きました。このくらいの便数になるとひと仕事終えたくらいの達成感を味わえますね。

今回は、写真と手紙に加えてオマケグッズも入れています。ミニサイズのアロマキャンドルや一人用茶葉などなど、普段は使わない&あえて買わないであろう小さな雑貨ですが、手紙に入ってたりすると喜ばれそうなものを、時間のある時にちょこちょこ雑貨屋さん巡りで探していました。こんな時も楽しい。

そうそう、私が手紙を好きな理由は、こんな風情が味わえる、というか作り出せる楽しみだったりします。あと、私の場合は口頭よりも文字の方が素直になれるというのも大きい。口頭では、その場で言いたいことを忘れてしまったり、時には強がりや恥じらいも含んでしまうことがあったりもします。それはそれで自分らしさを表現できているとも言えるのですが、色々考えて言葉を選びながら書く作業は、私の性格を穏やかに浄化させてくれるようで、心地がよいのです。

というわけで、みんなが開けてびっくり&楽しいと思ってくれるお便りになってれば嬉しいな。今日は郵便局で記念切手を頼もうかな♪

we are the world



どうしようもならない悲しみは、何で癒されるのでしょうか…
音楽が、人を救い、人を癒すのかも知れません。

ひな祭り

IMG_0182.jpg    IMG_0359.jpg

昨日はひな祭りでしたね。
我が家には女児がいるので、雛人形飾ってました。
昔の言い伝えで、雛人形は早く片付けないと嫁に行くのが遅れると言われていたようです。
一応、風習を重んじて早々と片付けました。

昨日のお昼は、ばあば、義姉、甥っ子、姪っ子が我が家に集まり、プチパーティーを開きました!
IMG_0367.jpg   IMG_0379.jpg
姪っ子ちゃんは初節句!これからも元気ですくすく育ってね(右)
わが子は2回目のひな祭り。ばあばがお揃いの洋服を買ってくれました!ありがとう~
が、姪っ子ちゃんのサイズの方が大きいのだ…少し複雑な親の心境


IMG_0233.jpg    IMG_0479.jpg
ついでにいたづら好きの二人、息子(右)と甥っ子(左)も記念撮影
二人は5月までおあずけです。

一眼レフカメラ

IMG_0338.jpg

先月、カメラを買いました。
もちろん写真ではありません。
だまされましたか?(そんなはずないか…)

canonのeoskissのデジタル一眼レフにしました。
軽くて使いやすいです。nikonもかっこよかったのですが、
前に使ってたアナログもeoskissだったので。

これから春ですね。色々撮れればいいなぁ~。
あと、下手だから、上手くなりた~い!!!
プロフィール

asterisk

Author:asterisk
Hi! Welcome.
I'm writing the diary of my life.

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。