スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒の飲み方

前回は、忘年会帰りのブログで文面が稚拙でしたねぇ~(笑)
今年も飲みました、忘年会。家飲みしないタイプなので、外に行くと思い切りに拍車がかかる。それに、こんな時、多少酔わないと馴染みのない人と打ち解けにくい。時と場合によっては多少の無礼講も必要な場合もあると思うんですよねぇ。職員が100人以上いて、顔さえ?な人もいると、アルコールでかなり助かる場合も多々あるのです。

そんな中、同僚からの悲しいコメント→「羽目を外しすぎの新人見た?!ありえんやろ~同じ部署なら怒ってるわ!」

…?

なんだろう、久々に言葉が返せない感覚。飲んで陽気になった上、まったくそんな視点を持っていなかった私!?って間違ってたか?(-.-;)y-~~~いやいや、間違ってないはず。

確かに新人女子たちの酔い様は激しく、無礼講そのもの。女性としとの品格を問われれば注意を受けるかもしれないが、品格がないと言っても理性を失って介抱が必要な状態にまでは行き着いておらず、はじけられる相手もちゃんと判断している様子だった。
なのに、この言われよう…なんだかな~器が狭いというか堅いというか、そこに不満を抱くか?と思うと性格が見えてくる。


飲み会という名の席では、ベロンベロンでもいいし、ほろ酔いでもいいし、しらふでもいいし、なんでもありでいいんじゃないのかなぁ?自分の参加方法があるんだし、酔っ払いだって場を盛り上げてくれる立派な役割だと思う。確かに、普段の職場では考えられないような振りや絡みに、ギャップを感じたりするけど、またそれも良し。ストレスから解放されてはめをはずすのも、れっきとした自己防衛だし、それを温かく許してあげるのもいいんじゃないかなぁ。自分の飲み方と違うからといって引かないで欲しい。干渉しなければいいだけなのに。


職場の人との感覚のズレって厄介ですね。少なくとも彼女の前では、お酒は慎もうと思いました…残念。
スポンサーサイト
プロフィール

asterisk

Author:asterisk
Hi! Welcome.
I'm writing the diary of my life.

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。