スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう明日

明日はとうとう赤ちゃんが誕生する日で、今日は、私にとって妊婦最終日。

約1ヶ月の点滴生活が終わりだと思うと、ほっとする気分もあるが、

明日から、家族が増えて少し違った生活がスタートするのかと思うと、不思議な思いが膨らむ。

よく雑誌や本には、妊婦さんの幸せに満ちたコメントが紹介されてあるが、私は喜びと同時に不安や心配もあって、幸せの絶頂とは言い難い複雑な心境…

もちろん、赤ちゃんがこの世の中に自分の子供として産まれてきてくれることへの喜びは、はかり知れず、お腹の中に命が宿っている神秘には本当に素直に感動してる。

だけど、まだまだ未熟な私が母になる事については不安がいっぱいで、自然と肩に力が入る感覚がある。

性格上のんきな方なので、赤ちゃんの泣き声で、あたふたしたりイライラとしてしまうようなタイプではないと思うんだけど。

私が不安なのは、世の中の事情が何もわからず誕生してくる赤ちゃんを、肉体以外にも、精神面を大きく育てていかなきゃいけないと思ってしまう事。

ストレス社会を生きていけるように育ててあげたい!だけど、まだまだ不安定な私じゃ不十分だなぁ~と申し訳なく思ったりと…

未知な経験を前に、色々な気持ちが入り交じるわけでございます。

子供は、自分自身で環境に適応させながら勝手に生きていくでしょうが。

そして、実際は、人間の欲求を満たす基礎的生活をさせるだけで精一杯になってしまう可能性は大なのですが…。

『いい意味で突き放しながら、子供たちにとって見上げればそこにいるような、サンルイ教会の掛け時計のような存在になれたら、と思う。』(雨宮搭子 「それからのパリ」より)

私も、そんな母になりたいな。

では、明日に備えます。
おやすみなさい…
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://ministar30.blog102.fc2.com/tb.php/88-a754b6aa

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

asterisk

Author:asterisk
Hi! Welcome.
I'm writing the diary of my life.

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。